過去のイベント 観望会 ライブ そのほか 全部見る

  • 特別観望会「皆既月食を見よう!」 New!
    国内で3年ぶりに見られる皆既月食を見よう!

    • 日 時:平成30年1月31日(水)20時00分〜22時00分
    • 会 場:ふれあい交流館「サンパレア」(浅口市寄島町)
    • 内 容:国内で3年ぶりに見られる皆既月食の観望会を開催します. 今回の月食は,部分月食が20時48分からはじまり, 21時51分に皆既月食となってから1時間以上も皆既の状態が続き, 現象の最初から最後までを見ることができるとても条件の良いものです. この皆既月食にあわせて,月食のしくみや観察のポイントについての「説明会」と望遠鏡や双眼鏡を使っての「観察会」を行います.
      【説明会】20:00〜20:30
       月食のしくみについて,観察のポイントなどを紹介します.
      【観察会】20:30〜22:00
       望遠鏡や双眼鏡を使って,月食や冬の星たちの観察をします.
      【月食の時間】
       半影開始 19:49.8 部分開始 20:48.1
       皆既開始 21:51.4 食の最大 22:29.8 皆既終了 23:08.3
       部分終了 24:11.5 半影終了 25:10.0
      ※次回は2018年7月28日未明から明け方にかけて(月食中に月が沈む).最初から最後まで見える皆既月食は2022年11月8日.
    • 対 象:小学生以上(小中学生は家族同伴)
    • 申込み・参加料:不要(直接会場へお越しください.20:40まで受付.)
    • 協 力:岡山天文博物館友の会

    • ※小・中学生は保護者と参加してください.
      ※双眼鏡をお持ちの方はご持参ください.また十分な防寒対策をお願いします.
      ※悪天候時は,屋内でお話のみの開催となります.
     


画像をクリックすると拡大します

 

  • 188p×3.8m 二つの大きな望遠鏡の見学モニターツアー
    【先行公開】
     New!
    浅口市にある2大望遠鏡を見学しよう!

    • 日 時:平成30年1月6日(土),1月21日(日)の2日間
    • 時 間:1回目 13:00〜14:30,2回目 15:00〜16:30
      ※開始時間までに博物館駐車場へお集まりください.
    • 会 場:国立天文台岡山天体物理観測所,京都大学岡山天文台
    • 内 容:完成間近の京都大学岡山天文台3.8メートル新技術望遠鏡と国立天文台岡山天体物理観測所188センチメートル望遠鏡の二つの大型望遠鏡を見学するガイドツアーを行います. 今回は,浅口市および近隣(里庄町・矢掛町)在住者を対象にしたモニターツアーで,見学後は今後のガイドツアー運営のためのアンケート調査にご協力をお願いします.
    • 対 象:浅口市,里庄町,矢掛町在住の小学生以上
    • 申込み:浅口市在住の方 12/15(金)〜,それ以外の方 12/22(金)〜
      岡山天文博物館事務所(0865-54-0374)へ電話で申込み
    • 協 力:国立天文台岡山天体物理観測所,京都大学岡山天文台

    • ※博物館は工事中のため入館できません.十分な防寒対策をお願いします.
     


画像をクリックすると拡大します

 

  • ちびっこぷらねたりうむ 
    「こどもが小さくてプラネタリウムに入るのが不安….」という方のために! こどもさんが途中で大きな声をだしても,「お互いさま」のプラネタリウムです. 普段のプラネタリウムではご遠慮頂いている途中の入退場もOK. プラネタリウムのあとは,こども向けの楽しいお話会も開催します.

    • 日 時:ただいま改修工事のためお休み中です
    • 場 所:プラネタリウム室
    • 対 象:幼児と保護者など付き添いの方
    • 参加費:入館料+プラネタリウム観覧料(大人400円,幼児 無料)
    • 申込み:不要
    • スケジュール:
      プラネタリウム(約25分)+こども向けの楽しいお話(約20分)
    • プラネタリウムの内容:
         共 通:七夕の星の探し方
         水曜日「季節の星座紹介」+「ほうじろう月の動き」
         土曜日「あふりかぽれぽれ」
     

  • ダジックアースが登場! New!

    ダジックアース(4次元デジタル地球儀)で,地球や惑星の様子を観察してみよう!

    ダジックアース -Dagik Earth- とは?
    ダジック・アースとは, 地球や惑星についての科学を楽しんでもらうために,地球や惑星を立体的に表示するプロジェクトです. 京都大学大学院理学研究科の地球科学輻合部可視化グループが中心になって進めています. 夏の雲の様子や台風の発生場所の分布など,地球上の自然現象をはじめ,月や火星などほかの惑星表面も立体的に見ることができます.ぜひ本物で体験してみてください!


  • 大型モニター展示が登場! New!

    博物館ロビーに,なんと130インチ相当の大型モニターが登場! 楽しく遊べるコンテンツが盛りだくさんです.


  • 京都大学 3.8m 新技術望遠鏡の最新情報を展示中! 

    現在,京都大学を中心に浅口市に建設がすすめられている新天文台 3.8m 新技術望遠鏡の鏡(試作品) や望遠鏡の1/20ミニチュア模型などを展示しています. また駐車場に仮設置された望遠鏡の様子もライブカメラで見学できます.

    京都大学3.8m望遠鏡 ARアプリの配布スタート! New!
    建設中の京都大学3.8m望遠鏡の完成予想図を専用アプリで立体視してみよう!

    ※ 3.8m 新技術望遠鏡については こちら

    提供:(株)ナノオプトニクス・エナジー,京都大学,国立天文台






問い合わせは 岡山天文博物館 へ 
岡山県浅口市鴨方町本庄3037-5
0865-44-2465 kamogata@oam-chikurinji.jp 休館日はこちら
Copyright(C)
Okayama Astronomical Museum 2017
All Rights Reserved.