天文台のまち・岡山県浅口市に新たに建設がすすめられている京都大学3.8m望遠鏡の最新情報や完成予想図などを立体視できるアプリです.
AR(拡張現実:Augmented Reality)技術等を活用し,京都大学3.8m望遠鏡の本ドーム建設予定地や, 岡山天文博物館展示室の望遠鏡ミニチュア模型にスマートフォン等をかざすと,画面にドームおよび望遠鏡が映り, ユーザー自身でその望遠鏡映像を自由に動かすことができます. また望遠鏡に関する説明や将来の研究目標など,最新情報も閲覧できます.

ぜひお手持ちのスマートフォンやタブレットに本アプリをインストールしてご来館ください!

展示室の様子はこちら


対応端末

「京都大学3.8m望遠鏡 ARアプリ」は,iOS,Android,両OSに対応したアプリケーションです.
「App Store」「Google Playストア」から無料でダウンロードできます. 「京都大学」または「京都大学3.8m望遠鏡」で検索してください.

 ・iOS端末:iOS8.0以降の iPhone,iPad および iPod touch
 ・Android端末:Android OS バージョン 4.2 以降

※ ARによる映像は,ご自宅など博物館以外の場所では,サンプル版をご覧いただけます.
※ 上記に対応する端末でも,一部の端末ではアプリケーションが正常に起動しなかったり,コンテンツの一部が正常に起動しなかったりすることがあります.

(C) 岡山天文博物館/Okayama Astronomical Museum