岡山天体物理観測所は,昭和63年(1988年)に東京大学東京天文台から国立大学共同利用機関として国立天文台に移行しました.それ以来,全国の天文学研究者に共同利用され,休みなく観測や研究が進められています.
国内最大級の188cm反射望遠鏡をはじめ,91cm,50cm反射望遠鏡,65cmクーデ型太陽望遠鏡を備えた観測所では, 太陽系天体から銀河系内の天体,さらには銀河・銀河団・クェーサーのように宇宙の奥深くにあるさまざまな天体の位置や明るさ, 運動,物理状態・化学組成を調べるために,撮像,分光,測光観測が行われています. 最近では,太陽系の外側にある惑星探し(太陽系外惑星探査)の研究で活躍し,国内で唯一,惑星を発見しています.

また188pドームの東側には,京都大学3.8m新技術望遠鏡計画も進行中で, 平成27年度春には望遠鏡が仮設置され,現在ドームの建設も進められています.

188cm反射望遠鏡を備えたドーム
188cm反射望遠鏡を備えたドーム
188cm反射望遠鏡
岡山天体物理観測所188p望遠鏡
博物館から188cmドームへは見学コースになっており,ガラス越しに188cm反射望遠鏡も見学できます. 夏休みには施設の特別公開,秋と春には188cm反射望遠鏡による夜間特別観望会も行っています.

※ 詳しい見学については観測所へお問い合わせください.イベントについてはホームページや新聞・広報誌などでもご案内しています.

空から見た竹林寺山 空から見た竹林寺山
東経133°35’47”北緯34°34’26”標高372m(188cm望遠鏡ドーム中心)に位置しています.

188cm反射望遠鏡の鏡
奥の丸いのが口径188cmの鏡.
人の身長より大きくて迫力あります!
京大3.8m望遠鏡完成図
京大3.8m望遠鏡(完成予想図)

◆国立天文台 岡山天体物理観測所 ホームページへ
◆京都大学3.8m望遠鏡 ホームページへ

Copyright(C) Okayama Astronomical Museum 2016 All Rights Reserved.