夜空の星々を存分に体験していただけます.番組は季節に合わせて変わります. 各番組とも,季節の星座紹介と,宇宙のさまざまな不思議をテーマにした内容を投映しています.
 投映開始時間 

 1回目:10:30〜,2回目:13:30〜,
 3回目:15:00〜,特別投映:12:00〜

プラネタリウム

リニューアル最新作 New!
プラネタリウムオリジナル番組A

3.8m望遠鏡プロジェクト
天文学者がのぞく星空の先

『3.8m望遠鏡』岡山県浅口市に,東アジア“最大”となる京都大学の光学赤外線望遠鏡が誕生した. この望遠鏡は
1.遺伝的アルゴリズムにより生まれた超軽量架台  2.日本が誇る研削技術  3.18枚の分割鏡を正確に保持する制御技術,この3つの“世界初の技術”によって開発されたものだ. 超軽量架台はガンマ線バーストや超新星爆発などの突発的な現象にすぐさま対応できる. 大きな鏡は遥か遠くにある惑星の環境までも鮮明に捉えることができる. きっとたくさんの宇宙のなぞを解き明かしてくれるだろう. 『3.8m望遠鏡プロジェクト』に関わる3人の天文学者たちにこの最新鋭の望遠鏡の魅力を紹介してもらおう.
ここでしか見られない最新作です!

※ 投映時間 約7分.
※ 一般・特別番組の最初に投映します.なおイベント等で投映をお休みすることがあります.詳しくは博物館までお問合せください.


 プラネタリウムオリジナル番組@

私が愛する天文台の街 あさくち

岡山天文博物館・初のオリジナル番組が完成しました!

見上げればいつも山の頂にドームの姿があった

天文台がやってきたのは1960年のこと.それ以来,浅口市は天文台の街として注目を集めてきました.
番組では,国立天文台岡山天体物理観測所の188p反射望遠鏡が設置された歴史からこれまでの研究紹介, そして現在進行中の京都大学3.8m望遠鏡について,浅口市のほかの観光名所等の魅力とあわせて,坂本真綾さんのナレーションで紹介します.

※ 投映時間 約10分.
※ イベントなどで投映します.団体でのお申込みの際にもご覧いただけます.詳しくは博物館へお問い合わせください.


 プラネタリウム秋番組 New!
 2018/9/15(土)〜12/9(日)

星の旅 -世界編-

南十字星や天の川,ウユニ塩湖の水鏡に映る満天の星. 圧倒されるほど力強く美しい世界各地の絶景,そして儚くも美しい星空.

北半球から始まる旅は,だんだん南半球に行くに従って風景とともに星空も変わっていきます. 観察緯度によって星空が変わるのはなぜか,天の川の正体は何かなどを,実際に撮影した美しい星空やCGとともにわかりやすく解説します.
映像クリエイターKAGAYA氏が3年の歳月をかけて撮影した世界各地の星空,風景美を堪能できる最新作です.

撮影・CG・脚本 KAGAYA
ナレーション 安元洋貴
音楽 manamik/清田愛未(Scat 川島和子)

※ 投映時間 約50分.「秋の星座紹介」を含みます.
※ 10:30,13:30,15:00の3回投映します.


 プラネタリウム特別番組 
 2018/9/15(土)〜12/9(日)

火星にいこう MY LIFE ON MARS

舞台は200年後の火星.
地球から火星に引っ越してきた「ユーリ」は, 小惑星の資源開発の仕事をしているママと一緒に, 火星探査の歴史を展示している博物館へ行きます. そこにいたのは「ルビー」という少し頼りなさげなロボット. 火星探査へ興味がわいたユーリは,一人でルビーに会いに行くようになりました.

今年の夏,地球に大接近する「火星」はどんな星なのか,そしてヒトが宇宙へ行くとはどういうことなのか.
実際に探査機が撮影した火星の様子やCGで,火星の情報もたっぷり紹介します.

※ 投映時間 約50分.「秋の星座紹介」を含みます.
※ 12:00のみの投映となります.なおイベント等で投映をお休みすることがあります.詳しくは博物館までお問合せください.(9/28(金),10/3(水),18(木),19(金)の投映はお休みします.)


 お昼のミニ講演会

「15年ぶり!火星大接近のしくみ」

プラネタリウムを使って,火星接近のしくみや見つけ方を紹介します.

  • 日 時:夏休みの土日限定(〜9/2(日)まで)
        13:00〜13:25
  • 参加費:入館料
  • ※ 8/11,12,25,26はイベント開催等により,お休みします.

さそり座で輝く火星(2016/5/11撮影)


問い合わせは 岡山天文博物館 へ 
岡山県浅口市鴨方町本庄3037-5
0865-44-2465 kamogata@oam-chikurinji.jp 休館日はこちら
Copyright(C)
Okayama Astronomical Museum 2018
All Rights Reserved.