岡山天文博物館 外観
岡山天文博物館は,岡山県の南西部・浅口市鴨方町にある市立の博物館です.
プラネタリウムや太陽観測など,身近な宇宙を体験できます.
同じ敷地内には,日本最大級の口径188cm を誇る反射望遠鏡を備えた国立天文台があり,見学コースにもなっています.
また,アジア最大級の京都大学3.8m望遠鏡も2018年夏に完成し,2019年春から観測がスタートしました.


あなたは人目のご来館者です
【国立天文台188cm望遠鏡ドーム見学停止のお知らせ】 2022/9/30更新
188cm望遠鏡ドーム故障によるメンテナンスのため,当分の間,ドーム周辺の立ち入りを禁止します (ドーム周辺は危険なため,博物館から先は立ち入り禁止となります.博物館は通常どおり開館,京都大学せいめい望遠鏡も外回廊から見学できます). 大変ご不便をおかけしますが,どうぞご理解とご協力をお願いいたします.

休館日はこちら.イベントや団体利用の予約等のお問い合わせは,9時00分から16時30分までお電話で受け付けております. (TEL:0865-44-2465)

      

外に出れなくても,おうちで博物館を楽しんじゃおう!(2023/7/30 更新) 
 

60周年記念誌が
できました!


問い合わせは 岡山天文博物館 へ 
岡山県浅口市鴨方町本庄3037-5
0865-44-2465 kamogata@oam-chikurinji.jp

  ★休館日はこちら★
Copyright (C) Okayama Astronomical Museum
All Rights Reserved.